シワができるメカニズムと対処法

年を取るに連れて目立ってくるシワ。年だから仕方がないとあきらめておられる方もありますが、原因を知って対処することで無くしたり予防することができます。

また、シワの原因は加齢だけではありません。シワができる理由は色々あります。そこで、皮膚の構成とシワができるメカニズムと原因別の対処法をお話します。

皮膚は、表面から「表皮 → 真皮 → 皮下組織」の3層で構成されています。この中でシワに直接影響するのは、角質層や基底層のある表皮と皮脂腺や汗腺のある真皮の機能低下です。

表皮の機能が低下してできるのが小ジワ。乾燥・加齢・紫外線による表皮の水分不足が原因。処置としては、血行を良くして代謝を活性化させること。また、紫外線予防や化粧品での保湿も大切です。

真皮の機能が低下してできるのが深いシワ。真皮は「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」などの繊維質から構成されていますが、この繊維質の機能が低下して弾力がなくなると深いシワができます。

真皮の機能が低下する最大の原因は紫外線(UVA/UVB)ですので、紫外線予防が最も大切です。また、栄養補給と健康な体を維持することで真皮の機能低下を抑えることができます。

小ジワは早目に対処すればなくすことも可能ですが、深いシワができてしまうと元に戻りません。そうならないためには、お話しました様に紫外線予防と日頃の健康管理が大切です。

コメントを残す