妊娠線ができやすい人

妊娠線は妊娠中に肌の奥の真皮という部分に
断裂が起こりできる症状です。

妊娠すると多くの方が
妊娠線が出来ないように
と特に気をつけるようにしている事だと思います。

女性は何歳になっても綺麗でいたいものですし
一生残ってしまう妊娠線は大敵です。

妊娠線は人それぞれに違いがあり
全くできない人や数多く出来てしまった人など
肌質やケア状況によっても変わります。

そこで、妊娠線が特に出来やすいとされている人が
・小柄、又は細身で太りにくいタイプ
・肌質が乾燥肌の人
・何度が妊娠を経験している人
などが挙げられます。

小柄な方や細身の方は、太る傾向が少ないため
妊娠による急な体重増加で
肌の柔軟性が効かずに肌が伸びず断裂してしまいす。

肌質が乾燥肌の方は
妊娠中は、更に肌のサイクルが乱れ
より乾燥肌になりやすいため
保湿が行き届かず
肌の乾燥により柔軟性を失われ
大きくなっていく一方の体に対して
肌が伸びずに断裂が入ります。

何度か妊娠の経験がある方は
前回の出産時に妊娠線ができずに
安心してケアを怠り妊娠線が出来てしまう事もありがちです。

肉割れ消すクリーム

又、一度妊娠線が出来てしまっている場合は
その部分はより肌が硬くなっている為
肌の伸びが悪く再び断裂となってしまいます。

妊娠線ができやすい項目に当てはまる場合は
特に万全なケアが必要です。

当てはまらない場合でも
必ず妊娠線が出来ないという訳ではないので
ケアは怠らないようすることが大事です。

 

コメントを残す